診療科目のご案内
>> トップページ >> 診療科目のご案内 >> 消化器疾患

消化器疾患

消化器科内科

消化器、つまり口から肛門までの消化管(食道から胃、小腸、大腸など)と肝臓や膵臓、胆嚢などの診療を担当しています。

どのような症状の時に受診すべきか?

吐き気、食欲不振、腹痛、吐血、便秘、下痢、血便、黄疸などのある時。
 健康診断で消化器関連の精密検査を指示された時は、早めにご相談下さい。また症状が無くても、病気が隠れていることも多くありますので、定期検査なども、お気軽に外来を受診して下さい。

こんな時も受診して下さい。

  • ピロリ菌検査、ピロリ菌除菌
  • 消化器癌健診:胃癌、大腸癌、肝臓癌、胆嚢癌、膵臓癌など
    • 大腸癌健診:当院は札幌市が定める「大腸がん検診」を行う、指定医療機関になっています
  • 肝炎検査:ウイルス性肝炎
    • 緊急肝炎ウィルス検査:当院は札幌市が定める「緊急肝炎ウィルス検査」を行う、指定医療機関になっています。
  • 胃瘻造設:脳梗塞後遺症などにより経口摂取が困難な方に対する、内視鏡的胃瘻造設術を行っています。

こんな検査を行っています。

上部消化管内視鏡(胃カメラ)、下部消化管内視鏡(大腸カメラ)、超音波検査(エコー)、CT、MRIなどは、外来にて行えます。これらの検査は原則として予約制ですが、毎日行なっています。
 また専門病院に依頼し、PETを予約することも可能です。

上部消化管内視鏡検査

上部消化管とは食道・胃・十二指腸を指し、口または鼻から内視鏡を挿入し、これらの部位を一連の検査で観察します。昔から「胃カメラ」と言われてきたものです。
 上部消化管内視鏡は通常の経口内視鏡のほか、経鼻内視鏡も導入しており、患者さんの苦痛も軽減されています。
 >> 胃カメラをうけられる方へ(PDF形式:558KB)

経鼻内視鏡の特徴

  • その1:胃カメラを鼻から挿入して検査を行います。
    内視鏡が細い(外径約5mm。鉛筆より細い!)ので鼻から挿入することができます。
  • その2:吐き気が少ない検査です。
     風邪をひいたときの診察で、舌の奥をヘラみたいなもので押されて「オエッ」となりそうな経験をしたことがあると思います。これを咽頭反射といいますが、口から内視鏡を入れる場合は、多少なりともこうした咽頭反射が起こります。
     ところが、鼻から入れる場合は内視鏡が舌の根元に触れないので、ほとんど吐き気をもよおすことなく検査を受けることができます。

  • その3:検査中に話ができます。
    口から内視鏡を入れると、口がふさがってしまうために検査中は話ができません。しかし、鼻から入れる場合は口を自由に動かせますので、会話ができます。気になったことをその場で確認できるので、安心して検査を受けられます。

  • その4:体にやさしい検査です。
    口から挿入するよりも苦痛が少ないので、内視鏡挿入の為の麻酔が少量ですみ、負担が少なく安全です。


下部消化管内視鏡検査

大腸を観察するために肛門から内視鏡を挿入し、大腸に発生したポリープや癌、炎症などを診断します。組織の一部をとって調べたり(生検)、病変を内視鏡的に切除(ポリペクトミー)することもできます。
 当院では苦痛の軽減の為、希望される患者さんには鎮静剤も使用しています(ただし帰宅時に自動車の運転はできません)。大腸ポリープを切除する場合は、ポリープの大きさや数にもよりますが、原則的に一泊二日の入院で行なっています。

下部消化管内視鏡検査の実際

>> 大腸内視鏡検査を受けられる方へ(PDF形式:699KB)
  • 検査前日に下剤を服用
  • 検査当日朝から2リットルの腸内洗浄剤を服用
  • 検査直前に腸の動きを抑える筋肉注射
  • 軽い鎮静剤を静脈注射(希望者)
  • 左側を下に横になり検査開始
  • 検査中挿入困難なときは体位を変換、腹部を適宜圧迫
  • よく観察しながら内視鏡抜去(必要であれば、生検、ポリープ切除)