診療科目のご案内
>> トップページ >> 診療科目のご案内 >> 代謝疾患

糖尿病について

特に「私、糖尿病かしら?」、「俺は糖尿じゃないでしょ!」というあなたに。

「糖尿病」の可能性がある人の数は、ここ10年で約840万人も増えています(図1)。2007年に厚生労働省が行った調査では、糖尿病が疑われる人は合計約2210万にのぼります。
日本の人口がおよそ1億3000万人ですから、6人に1人の割合で糖尿病が疑われるということになります。
 糖尿病は、血液に含まれるブドウ糖(血糖)の量が慢性的に多い状態です。

慢性的に血糖値が高いと全身の血管が障害される。

 血液中のブドウ糖が多いと、全身の血管に負担がかかります。その結果、「糖尿病網膜症(目)」、「糖尿病腎症(腎臓)」、「糖尿病神経障害(神経)」が起こったり、血管が硬く厚くなる「動脈硬化」が進行して、「脳梗塞」や「心筋梗塞」などを引き起こしやすくなったりします。

なぜ血糖が高くなるのか

ブドウ糖は、全身の細胞のエネルギーの源です。主に肝臓に貯えられ、必要な分だけ血液中に放出されて、常に全身を巡っています。
健康な人では、膵臓から分泌される「インスリン」というホルモンの働きによって、血糖値が上がり過ぎないように一定範囲内に調節されています。
 インスリンの働きにより、ブドウ糖は肝臓や筋肉、脂肪組織などに取り込まれて利用されます。
このインスリンの効きが悪いと、血糖値が上がります。

インスリンの効きが悪い原因

  • インスリンの分泌量が少ない、または、分泌が遅い。
     体質が大きく関係していると考えられます。ただし、遺伝的な原因があれば、誰もが糖尿病になるわけではなく、生活習慣の乱れが重なって初めて糖尿病に進行するのです。
  • 肝臓や筋肉でインスリンが十分に働かない。
     例えば、「生活の乱れ」、「運動不足」、「肥満」などによって、肝臓や筋肉に脂肪がたまると、インスリンの働きが低下し、ブドウ糖がうまく利用されません。

症状、検査

糖尿病になっても、症状はほとんどありません。進行して初めて「口が渇く」、「たくさん水分を摂る」、「尿が増える」、「体重が減る」、「だるい」などの自覚症状が現れます。症状がないまま進行するだけに、「血液検査」を受けて早期に発見することがとても重要です。

糖尿病を判定する検査

  • 空腹時血糖値検査
    10時間以上絶食してから、翌朝に血糖値を測ります。健康診断などで一般的に行われています。
  • ブドウ糖負荷試験
    10時間以上の絶食後、75gのブドウ糖溶液を飲み、30分後、1時間後、1時間30分後、2時間後に採血し、血糖値の変化を調べます。ブドウ糖負荷試験は、医療機関(当院)や健診センターなどに申し込んだり、予約をすると受けられます。

※特に検査を受けてほしい方
  • 糖尿病の自覚症状がすでにある ・尿糖検査で陽性だった
  • 父や母、きょうだいに糖尿病のある人がいる
  • 肥満がある
  • 中高年(できれば30歳代から)

境界型と判定されたら…

上記の判定基準で糖尿病型と判定されたときはもちろん、血糖値が“ちょっと高め”の「境界型」と判定された場合も、生活習慣の見直しを行う必要があります。血糖値が少し高い程度でも、肥満や脂質異常症、高血圧などが重なっていると、血管の障害が進行し、動脈硬化が早く進むことがわかっています。
 境界型の段階を早期発見、早期治療することで、糖尿病への進行や糖尿病の合併症を予防することができます。
 「まだ糖尿病ではない」と考えるのではなく、「もう正常型ではない」と考えて、「正常型だった」ときに戻るために、生活習慣の見直しに努めたいものです。