診療科目のご案内
>> トップページ >> 診療科目のご案内 >> リハビリテーションの施設紹介

リハビリテーションの施設紹介

いっしょに治る喜びを分かちあおう


私たちは、これまでの経験から無用な廃用症候群(病気やけがなどで体を動かさないことによって起こる全身の機能低下)を避けるため、発症後、可能な限り早期に専門的かつ集中的、効率的なリハビリテーションを実施する必要を感じ、当リハビリテーションセンターをオープン致しました。
充分な回復期リハビリテーションと共に、在宅ケアまでにおよぶ手厚いリハビリテーションサービスを提供いたします。

運営方針

  • 総合的なリハビリテーションを展開して、1日も早い家庭復帰をめざします。
  • 退院後患者さまが、不安なく生活できるよう在宅ケア部門と連携して、積極的に生活支援を行います。
  • 自宅生活が困難な患者さまは、系列施設・ケア付き住宅・グループホームで安心して、療養生活をおくることができます。

回復期リハビリテーション病棟

 回復期リハビリテーション病棟は、脳血管疾患又は大腿骨頚部骨折等の患者さまに対して、ADL(日常生活動作)能力の向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師、看護師、セラピスト、医療相談員等が共同して作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。
対象となる方
  1. 脳血管疾患、脊髄損傷等の発症後60日以内の方
    脳梗塞、脳出血、クモ膜下出血、頭部外傷など
  2. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節または膝関節の骨折、2肢以上の骨折の発症または手術後60日以内の方
  3. 外科手術または肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており、手術または発症後60日以内の方
  4. 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節、膝関節の神経・筋・靱帯損傷の発症後30日以内の方
入院期間
最長で180日間、入院されながらリハビリテーションに専念していただけます。
4人床が10部屋と1人床が5部屋の構成です。
4人床はプライバシーを尊重し個室感覚の家具ユニットを配置しました。
  • 病室(4人床)
    全病室1人あたりの占有面積を8m2以上とし、プライバシーに配慮したゆとりのある清潔で明るい病室です。 病室(4人床)
  • 病室(1人床)
    落ち着いた雰囲気の清潔で明るい病室です。 病室(1人床)

リハビリテーション訓練室

1,000m2以上ある広い空間で、総合的なリハビリテーションを効率的に行なっております。
  • 理学療法室・作業療法室
    身体に障がいのある方に対し、動作能力の回復や機能の向上、実用的な日常生活動作能力の向上を図るための運動や治療を行います。
    ご高齢の方や障がいのある方が、安心して取扱うことのできる機器を導入しています。
    理学療法室・作業療法室
  • 言語療法室
    個別対応による、個々の症状に応じたきめ細かな言語訓練を行います。 言語療法室
  • ADL訓練室
    家庭での生活を想定した環境で、個々の患者さまに合わせた日常生活動作訓練を行います。 物理療法室
  • 物理療法室
    電気・水・温熱等、物理的な刺激を身体に与える治療を行います。 ADL訓練室
  • 浴室
    早い段階で家庭用浴槽に馴れていただけるよう、自宅を想定した浴槽を設けております。 浴室
  • 食堂
    身体の大きさと座位の能力を考え、6種類のイスと車イスで対応できる環境を整えています。 食堂
  • スタッフステーション
    車イスの方もアプローチしやすいローカウンターを備えたスタッフステーションとなっております。 スタッフステーション

リハビリテーションセンタースタッフ

 
木村 敏信 院長 リハビリテーションセンター長
医師 桂 律也
  リハビリテーション部門
理学療法士 富樫 部長
  • リハビリテーション専門医 2名
  • 看護師 37名
  • 理学療法士 41名
  • 作業療法士 30名
  • 言語聴覚士 10名
  • 鍼灸師 2名
  • 医療ソーシャルワーカー 7名
  • 介護福祉士 16名