看護部のご紹介
>> トップページ >> 看護部のご紹介 >> 看護部

看護部のご紹介

看護部あいさつ

 当病院は、整形外科とリハビリテーション科の医師が中心となって、先進的な治療を行っており、患者さんは札幌のみならず、北海道各地から治療にいらっしゃいます。
 看護職員一同、「いっしょに治る喜びを分かちあおう」をモットーに、信頼のできる看護を目指しております。
 その人らしい生活の実現に貢献するために、安心で、安全な療養環境をご提供するとともに、相手を思う心を大切にし、一人ひとり持っている思いやりの心を活かせる、継続した看護師の育成に取り組んでおります。
佐藤悦子副院長 荒紀恵子副看護部長
佐藤悦子副院長 荒紀恵子看護部長

看護部理念

私たちは、豊かな人間性と専門職者としての学びを続け、限りない愛情と責任をもった、心に寄り添う看護を提供いたします。

看護部基本方針

  • 思いやりのある、あたたかい心で、看護の質の向上に努めます。
  • 職員一人ひとりの能力開発を図る環境を整えます。
  • 他部門との連携をスムーズにし、サービスの向上に努めます。

看護部教育体制

看護部教育体系
看護師・准看護師
看護部教育体系 看護師・准看護師
介護福祉士
看護部教育体系 介護福祉士・ヘルパー
看護部教育体系
目的 : 専門職としての自覚をもち、患者の個別性を尊重し、主体的に実践できる看護師を育てる。
熟達度 新人
1年目
レベルⅠ・Ⅱ
2〜3年目
レベルⅢ
3〜4年目
レベルⅣ
5年目以上
達成目標
  1. 日常生活援助のための基本的技術精度を身につけ、ベッドサイドケアが安全・確実にできる。
  2. 受け持ちの患者のケアを通して看護の知識・技術・心が深められる。
  3. 院内研修に参加する
  1. 看護過程の展開方法を学び、実践ができる。
  2. プリセプターシップが理解できる。
  3. 院内研修に自主的に参加する
  4. 状況に応じてリーダーシップが発揮できる。
  1. あらゆる面でのリーダーシップが発揮できる。
  2. プリセプターができる。
  3. 看護研究を通して看護が深められる。
  4. 後輩・学生に対して、指導的に関わることができる。
  1. 役割モデルとなり看護実践を展開できる。
  2. 単位における課題を明確にし、目標を示しながら管理行動がとれる。
  3. 教育的役割がとれる
  4. 管理および専門看護分野における研究、改善が図れる。
研修内容 新採用研修
病院の理念と看護部・理念・方針看護部の目標
  職業人としての基本姿勢
フレッシュマン研修(6ヶ月)
ヤング研修2研修(2年目)
看護過程
  事例検討会
プリセプターⅠ研修
ヤング研修3研修(3年目)
プリセプターⅡ・Ⅲ研修
チームリーダーの役割
看護研究
  看護研究発表
  看護の質
リーダーシップ研修会
臨床実習指導者研修
(厚生省・北海道)
キャリア研修(中堅者)
看護実践的な側面
  管理的側面
  教育的側面
  研究的側面
院内外講師による講演会・勉強会
格セクションにおける学習会の企画・運営および参加
↓↓
看護管理育成コース
↓↓
中堅者研修
臨床指導者
ファーストレベル
セカンドレベル
サードレベル
↓↓
看護部長面接
研究活動 看護研究・院内外での研究発表
学会参加・学会での発表

看護体制

  • 一般病棟(90床)
    3階病棟:45床
    4階病棟:45床
    看護配置10:1
    夜勤体制2交替制
    看護方式固定チームナーシング
    看護記録フォーカスチャーティング方式
  • 回復期リハビリテーション病棟(90床)
    1階病棟(45床)
    2階病棟(45床)
    看護配置13:1
    看護補助配置30:1
    夜勤体制2交替制
    看護方式固定チームナーシング
    看護記録フォーカスチャーティング方式
  • 地域包括ケア病棟(45床)
    5階病棟:45床
    看護配置13:1
    看護補助配置30:1
    夜勤体制2交替制
    看護方式固定チームナーシング
    看護記録フォーカスチャーテイング方式

看護師募集

 >>採用情報をご覧ください

院内保育「クラーク保育園」・学童保育「あんびしゃす」の開設

 仕事と育児の両立できる環境を整えようとクラーク病院敷地内に院内保育「クラーク保育園」と学童保育 「あんびしゃす」を開設しました。当施設は365日24時間の運営をしております。開所以来、毎日子ども達の元気な笑い声と保育士の笑顔が溢れ、お母さんお父さん方からも好評を頂いてます。患者様とそのご家族様はもとより、病院職員も生き生きと心のゆとりを持って毎日の勤務に励めるように、より良い病院環境を整えております。