看護部のご紹介
>> トップページ >> 看護部のご紹介 >> 看護部 >> 回復期病棟

1階病棟

病棟の特徴

1階病棟は、回復期リハビリテーション病棟であり、リハビリが必要とされている方が入院されています。脳血管疾患や脊髄損傷の急性期治療が終了した方が多く、日常生活の動作一つ一つが訓練になる為、他職種と協力しながら、安全に配慮し、少しでも日常性活動作が自立していけるよう患者様に関わっています。患者様、家族様の支えになれるよう看護・介護の質の向上を目指しています。 1階病棟

看護科長からのメッセージ

スタッフ一人ひとりが、患者様・家族様との会話を大事にし、「生活」という視点を大切にした看護・介護を心がけ、日々努力しております。

スタッフからのメッセージ

  • 3年目看護師
    スタッフ一人ひとりが協力しあい業務を行なっています。ADL向上を目標に、患者様だけではなく、家族様も含めた関わりを大切にして頑張っています。
  • 介護福祉士主任
    仕事に誇りを持って誠心誠意働いているスタッフが多く、患者様の自立に向けて、スタッフ全員がより良い看護・介護の提供に努め、チーム一丸となって頑張っています。
1階病棟

2階病棟

病棟の特徴

2階病棟は脳血管疾患の患者様がリハビリに専念されている回復期リハビリテーション病棟です。麻痺や言語障害・認識が障害された患者様と、患者を受け持つすべての職種、医師・ナース・セラピスト・ソーシャルワーカー・ケアワーカーが、その患者様が退院後、どのように生活していくか患者・家族といっしょに考えサポートしている、回復期では不可欠なチーム医療を提供しています。
当病棟は『回復期リハ病棟のケア:10項目宣言』をスタッフ一人ひとりが念頭におき看護・介護を提供して、患者様の回復をサポートしています。
2階病棟

科長からのメッセージ

障害を抱えたその人が今まで歩んできた過程を大切にして、患者様に関心をもち看護するよう心がけています。2階病棟では、時間をかけ患者様と関わることを心がけております。それが一番の強みです。

看護主任からのメッセージ

患者様の回復過程を支援するために、たくさんの経験と知識を求められます。それに答えられるよう、スタッフとともに勉強会や学会発表など自己研鑽に励んでいます。

介護福祉士主任

介護福祉士は、患者様に今必要な介護を提供できるよう日々、技術・知識の向上に努めています。介護の事でお困りの方は、何でもお気軽にご相談下さい。介護のプロが責任を持ってお答え致します。

スタッフからのメッセージ

  • 看護師3年目 プリセプター
    わからない事も沢山ありますが、新人と共にやさしい先輩たちに囲まれ、のびのびと成長できます。
  • 介護福祉士9年目
    看護師と協力し患者様の入院から退院後を見据えた生活援助をしています。介護福祉士として責任を持ち仕事に取り組むことができます。
  • 新人看護師メッセージ
    まだ、自分自身の力不足を感じることも多くありますが、プリセプターや先輩スタッフに助けられながら日々充実した毎日送ることが出来ています。
2階病棟